La Casa Acustica

Amphion

Amphion

Amphion Loudspeakers Ltd. (アンフィオン) は1998年フィンランドに設立されました。解像度が高く、自然な再現を特徴とするスピーカーを設計、開発しています。リスニング体験中に起こる疲労感は不自然な音や不必要に高いボリュームなど、解像度やバランスの悪さから生じていることが多いですが、Amphionが特徴とする低クロスオーバー周波数と高精度のドライバーの組み合わせがシームレスに動作することによって、正確なフェーズレスポンスとリアルなサウンドステージを実現しています。

Amphionの哲学:クロスオーバー周波数1.6kHz


通常、ツイーターとウーファーのクロスオーバー周波数は、2kHz〜5kHz付近に設定するネットワークが多い中、Amphionは1.6kHzと低めに設定。人間の聴覚にとって敏感な周波数を避けることで、各ドライバーの繋がりをスムーズにし、特に重margin: レンジにおいて高いクオリティを誇ります。これは全てのAmphion製品の特徴であり哲学でもあります。

チタンツイーターに独自のウェーブガイド


Amphionのチタンツイーターは、同社のデザイン上の強烈な個性にもなっているウェーブガイドと共に取り付けられています。正確にタイムアライメントされたドライバーと、音の分散を制御するAmphionのUUD(Uniformly Directive Dispersion)テクノロジーにより、ウェーブガイドがドライバー同士を一体化させつつキャヒ?ネットの回折を除去し、 広く均一なリスニングエリアを提供します。

環境に依存しないリスニング


Amphionのスピーカーはデスクトップタイプでも充分な低域と明瞭な中高域、広いスウィートスポットで音楽を奏でます。このサイズのスピーカーが鳴っているとは思えない程の自然な再生音です。デスクトップの至近距離で聴く音楽も、リビングの大画面テレビで見る映画でも、どんな音量でも正しい定位と自然な立体感を損ないません。

部屋に溶け込むシンプルかつエレガントなデザイン


北欧フィンランドで全て手作りされているAmphionスピーカー。シンプルでミニマル、無駄のないデザインはどんなインテリアとも調和します。またHelium410の北欧らしいカラーのグリッドオプションは、リスニングルームに優しい彩りを与えてくれます。

どんな用途にも対応できるラインナップ


プロフェッショナルがスタジオモニターとして使うなら、One12などのcreateシリーズを。コーリアン製ウェーブガイドやパッシブラジエターを備え、長時間正確なモニタリングを要求されるプロフェッショナルの現場で活躍します。ホームシアターのセットアップならHelium520やArgon3LSなどのトールボーイ型をフロントに組み合わせて。計算された床・壁などの反射と広いスイートスポットでスタイリッシュなシアタールームが完成します。

29 Items

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

29商品中 25-29商品


2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

は休業日です。
 休業日は発送業務ができません。
 翌営業日以降の発送となります。