La Casa Acustica

【通常5営業日で発送】 ニューバージョン! ステップアップ アイソレーション トランス FIT-510

販売価格 89,800円(内税)
型番 FIT-510
在庫状況 在庫あり(通常5営業日で発送)
標準(アメリカン電気製)
MARINCO/Hubbell ホスピタルグレード +3200円
Oyaide P-004(ベリリウム銅) +6800円
電源プラグオプション

サウンドは新境地へ

高性能ヘッドフォンアンプ、115-120V仕様の高性能アナログ機器に最適です。
日本の商用電源100Vから115Vへと昇圧。

高性能アナログ機器アンプをより理想的な状態で動作させる事を目的に開発した
カスタムメイドのステップアップ / アイソレーショントランス。

ハムノイズ初めノイズを効果的にシャットアウト!
電源ソースのノイズを遮断する構造を備えた複巻構造でノーマルモード、コモンモードノイズ共にシャットアウト。
より緻密に滑らかに。確実に音質アップ。皆様へ強く、お薦めします!

開発には、Niimubus US 5 PROとViolectric V590 PROを用いてアンプとの相性初め、明確な音質改善、
さらに音楽世界観の向上を実現しました。
音楽ファンの皆様へ絶対のお薦めです。

オプションでプラグ グレードアップ可能。
レコーディング スタジオ 音響ハウスで試聴を繰り返し、採用を結論付けました。

圧倒的パフォーマンスのViolectric/Niimbus をさらに高音質に。
お試し頂ければ、その良さをご納得頂けると思います!

Technical specifications [FIT-510]
容量510VA 単相 50/60Hz
1次電圧単相 100V
重量約9kg
備考サーモスタット内臓 入力側 平行アースピン3Pプラグ 1.2m 出力側 平行アースピン3Pコンセント 2個

FIT-510について

100Vの電圧を115Vに昇圧させるのに、一般的にはオートトランスと呼ばれる単巻きのトランスを使用します。
しかし本機は、単巻きのトランスを使用せずに複巻きと呼ばれるトランスを使用して115V の電圧を得ています

では、単巻きのトランスと複巻のトランスでは、どこがどのように違うのか解説してみましょう。
初期の電気理論で教わったような、磁束を発生させる 1 次巻き線コイルと発生させた磁束から電流を得るための 2 次巻き線コイルが独立しているのが複巻トランスです。

単巻きトランスは 1 次側のコイルと 2 次側のコイルが共通となっています。0-100V間は入力側と出力側が完全に共通で100V端子から銅線が延長されてステップアップ用の115V端子がもうけられています。0V端子は100V入力と115V出力の共用として使用されます。

単巻きトランスは 1 次コイルと 2 次コイルのかなり多くの部分を共有できるので、銅線の銅の使用量を削減することが可能です。必要な磁束はステップアップする電圧に対応する分の磁束が通れば良いので、磁束が通る鉄心の量も少なくて済みます。 電圧を上昇させる機能としては良いことずくめなのですが、2巻き線トランスなら可能な機能がひとつ足りません。 それは 2巻線トランスなら、1次側と2次側が接続されていないため、1次側と 2次側が絶縁できることです。

電灯線には様々な電子機器や電力機器からのインバーターノイズなどの高周波ノイズが同相(コモンモード)で乗っている場合が多いのです。このようなノイズをコモンモードノイズと呼びます。

音声回線のホット/コールド間は同相ですが、同相で音響機器に侵入したノイズ電流の帰りのルートが電源ラインにコモンモードで戻っていきます。

音声回線と電源ラインが大きなループアンテナとなっていて、その近辺にエアコンの室外機などの磁力線ノイズを発生する機器があると、コモンモードノイズを発生させてしまいます。
電源トランスの 1 次側と 2 次側が接続されていない(絶縁されている)とループ状態ではなくなるので、ノイズ電流は発生しなく(流れなく)なります。

複巻トランスにはコモンモード ノイズを防ぐ利点の他にもう一つ重要な利点があります。
一般的に音響機器の電源回路の AC 入力部分にはノイズフィルター回路が取り付けてあります。代表的な回路を以下に示します。

 ↓番端子に ACプラグからの供給電圧を接続し、、と崔嫉劼鵬散禅ヾ鐺睇瑤療展参麩尾を接続します。フィルターの出力側のアース端子には Cy(0.1μF がよく使われている)を通してやいらの電圧がリークしてきます。 いニュートラルの 0V、がライブ側の100Vに接続されていたとすると、アース端子には50Vの電圧がリークしてきます。

この機器がプリアンプと仮定して、次段に120Vで働くパワーアンプをアンバランスのピンコードで接続したとします。パワーアンプのAC電源が単巻きのオートトランスで120Vに昇圧されている場合、パワーアンプのフィルター回路のアース端子には120Vの1/2の電圧がリークしてきます。プリアンプは50Vのリーク電圧が筐体にチャージし、パワーアンプには60Vの電圧がチャージされます。この二つの電位差10Vが筐体間電位差となって、ピンコードの両端に加えられるため、シールド線を経由してハムノイズがパワーアンプへ送られる事になります。二巻線の複巻トランスならACコードのニュートラルが絶縁されているため、10Vの筐体間電位差は発生せず、パワーアンプにハムノイズが送られることもありません。

このような理由から本機は、単巻トランスは使わずに2巻き線の複巻トランスを使用しています。

電源プラグオプション
標準(アメリカン電気製)
MARINCO/Hubbell ホスピタルグレード +3200円
Oyaide P-004(ベリリウム銅) +6800円
2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

は休業日です。
 休業日は発送業務ができません。
 翌営業日以降の発送となります。